HOME > ゴミ・異物対策製品 > 製造工程の異物混入対策用イオナイザ

製造工程の異物混入対策用イオナイザ

#

課題1 塗装工程での異物混入

毎年、道往く車のカラーバリエーションが増え、鮮やかになっています。この背景には塗装・塗料技術の向上がありますが、一方で品質管理もより厳しくなってきています。これは車のボディだけではなく、内装に使われる樹脂部品の塗装にも共通しています。塗装面に異物が付着し難い環境を作ることは、塗装工程において重要な要因となっています。

#

#

課題2 デバイス製造工程での異物混入
現在、車は「走るコンピュータ」と言われ、年々使用される半導体(センサー・マイコン・パワーデバイス)は増加の一途をたどっています。多様な発展が予想される運転支援システム(ADAS)も急速なスピードで進化しており、製品不良の原因となる異物問題に対して、今後更に製造現場での徹底した品質管理が求められています。

#

ルームイオナイザ5515

上記課題は、私達が紹介する「イオナイザ5515」で解決する事が出来ます。5515は世界中の製造工場で、毛髪・繊維屑・0.1μm以上の異物を低減しており、多数の工場で50%以上の減少を実証しています。5515は他のイオナイザにはない、オンリーワンの製品です。

  • 製品詳細はこちら
  • 効果確認動画を見る

その他のゴミ・異物対策製品